CATEGORY

映像作品

  • 2019-07-09

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」を見た

話題の映画は混雑  3時間25分。途中休憩のある上映だが久々の京都シネマは満席。実は混雑してる事を前の週に知らないで出かけたら、10分前に到着しても立ち見と言われて、さすがに3時間立って見るのは辛いので持ち越した。観客は若い人から年配の人まで様々。こ […]

  • 2011-12-20

岩手での制作とスキー

畚岳 山頂から岩手山のパノラマが見える  地震が起こった時、自分には何ができるだろうか誰もが考えたと思う。  私は今年は差し迫ってベネチアビエンナーレが控えていたので、まずはそれを成功さすことに全力を投じた。そしてベネチアが始まった頃に森村泰昌の岩手 […]

  • 2009-04-05

27回モントリオール国際芸術映画祭

今回は久々にモントリオールだけの滞在で映画祭The 27th International Festival of Films on Artを過ごす。今年も来るかどうか迷っていたが、アスリートが国際試合に出かけて得るものが大きいように、海外の観客を前に […]

  • 2007-10-26

imo-la: tabaimo -2007- 束芋

 月日の経つのは早いもので、webサイトのリニューアルを計画しながら、サーバーも新しくして、試行錯誤しているうちに1年以上が経った。やっとこのブログのシステムもうまく動き出して、以前のwebページにたまに記事をつぎ足していたものを整理した。webの再 […]

  • 2006-04-26

24th FIFA モントリオール国際芸術映画祭

 ちょっと遅ればせながら、モントリオールのレポート。3月の話したが、もう24回目になってしまった、モントリオール国際芸術映画祭(International film on art)に参加して来た。初めて参加したのが97年だったので、丁度10年目になる […]

  • 2006-02-25

映画館と活弁 / MORIMURA Chapter 2 : This is the Archive 森村泰昌

2月の最初の週に「京都アートドキュメンタリーウィーク」という上映会を京都シネマで1週間、連夜ゲストを招いて行なった。 上映後のトークで画面左上で右手を上げて話をしているのが森村泰昌氏 私は毎晩参上して、しかも毎晩打上げというトライアスロンの様な日々で […]

  • 2005-02-19

with 若き女性美術作家の生涯

 1月に入ってずつと寒かったのに、このところ京都は少し暖かだ。またご無沙汰してしまった。  1月の最後の土日を使って、山の稜線で泊った。残念ながら星空は無く、夜半から冬型が強まり、風の音が強くなる中で聞いた天気予報は「明日は大荒れになるでしょう」とい […]

  • 2004-12-03

「京都シネマ」のオープン

この年の10月に金沢21世紀美術館はオープンだったんですね。もう14年か。 白山に10月に登ったのも14年前か・・。今もその登山靴は底を張り替えて現役です。 ++++++++++++++++++++++  12月4日は「京都シネマ」のオープン。朝日シ […]

  • 2004-08-23

麓に住む 中川佳宣1995-2004

 今年の夏はとても暑い、夏らしい夏かも知れません。カミナリの鳴る夕立にも何回も遭いました。 でも、クーラーの温度さらに下げている人類は滅亡に向かって突き進んでいるのかも知れません。何故こんになに暑いのにスーツを着ている人がいるのか。着なければならない […]

  • 2004-06-09

麓に住む 中川佳宣1995-2004

 中川佳宣のアトリエと住まいは、比良山系の麓にあります。私が初めて作ったアートドキュメンタリー「中川佳宣 1984-1994」から早くも10年。2作目を作る事になりました。そしてそのタイトルが「麓に住む」です。大阪から移り住んだ中川は、その環境で自己 […]