• 2011-10-08

森村泰昌@岩手の中止

岩手のロケでは3面同時収録作品だったが、幻に  本来なら私は今日は岩手にいた。しかし京都にいる。  岩手県美の森村泰昌展が中止になってしまったので、それに向けての制作も停滞し少しは時間の余裕が出来たのかも知れないが、相変わらず休日がなかなか出来ない。 […]

  • 2011-07-08

束芋@ベネチアから帰って

写真は杉本さんの新作「空景」・・・ではなく、私が撮った「雲系」です。  ベネチア滞在から帰ってひと月。昨年の7月にベネチアビエンナーレの日本館代表に束芋が決まってすぐに下見に出かけてから、制作はわずか10ヶ月足らず。その中で精いっぱいのことをしたと思 […]

  • 2011-04-23

森村泰昌@福山、杉本博司@丸亀

 昨年は瀬戸内国際芸術祭というのがあったが、今年も瀬戸内沿いの美術館で展覧会が続いている。高嶺@広島、森村@ふくやま、杉本@丸亀。3つを1日で回るのは少し厳しいかもしれないが、どこで泊っても瀬戸内の魚は旨い!!   ふくやま美術館は昨年、高 […]

  • 2011-02-13

プロジェクターの色テスト

スキーネタばかりで働いていない様に思われるので、ここらで仕事の話。 森村泰昌の個展「なにものかへのレクイエム」が最終地の兵庫で開催中だが、来月は杉本文楽が横浜でありその映像制作もこれから佳境に入る。 グリッドを投影して個体差を調べる 6月の束芋のベネ […]

  • 2011-02-11

わがこころのアーリーモーニング 八方尾根 

八方尾根ひとり合宿  今回の合宿の目的は正月に入ったスキースクールの内容をもう少し掘り下げて学ぶために特別講習として不定期に開講されているエキスパート大回りとエキスパート小回りの受講と、週末に開催された営業開始前のリーゼンを滑るアーリーモーニングに参 […]

  • 2011-01-29

国境スキー場

 先週に続いてスキーネタ。国境スキー場に練習に出かけた。既に練習モードである。正確にはこのスキー場の名前は「国境高原スノーパーク」であるが、昔を知る人は国境スキー場である。その昔は国道の東側にもゲレンデがあって、今もそのリフトの鉄塔などが残っているが […]

  • 2011-01-24

琵琶湖バレイ / MORIMURA Chapter3

 森村泰昌「なにものかへのレクイエム」の巡回が最終地の兵庫県立美術館でオープンした。4館目の展示は最後を飾るに相応しく広い空間でそれぞれの作品をじっくりと見られる展示になっている。(写真) 束芋のベネチアで発表する作品のテクニカルテストも無事に終え、 […]

  • 2011-01-06

スキースクール上級班体験記

 昔とった杵柄とは恐ろしい。(今回は現代美術ネタは一切なし。八方尾根スキースクール上級班体験記)  この正月、30年ぶりにスキースクールに入った。その昔、カービンスキー以前の技術では前傾して谷エッジの拇指球に荷重ということをたたき込まれた。上半身もし […]

  • 2010-12-29

森村泰昌 MORIMURA Chapter3

 夏は暑く、冬は寒いというのが昔はもっと当たり前だった様な気がするが、先週からそれを思い出させる寒さが続く。でも最近京都は雪が降らなくなった。近くにあったスキー場も少しずつ減ってゆく。単に場所がなくなるだけでなく、何かもっと大きなものが無くなっている […]

  • 2010-10-05

束芋展、森村展、杉本文楽

 暑かった夏も終わってようやく秋。  8月に入っても束芋のドキュメンタリー「芋蟲」を仕上げるため結局夏休みなしで過ごしてしまった。本来であれば国立国際の大阪展に間に合わせるはずが、結局まったく遅れて、会場で販売してもらったのも最後の3日間だけになって […]